Reasons to visit Sunshine Coast | blog.queensland.com

知られざるオーストラリア、サンシャインコーストを選ぶ9つの理由

オーストラリア・クイーンズランド州と聞くと、ケアンズのグレートバリアリーフ、ブリスベンの煌びやかなシティライフ、ゴールドコーストの美しいビーチなどが代名詞に挙げられますが、まだ広く知られていないサンシャインコーストには、それらに負けず劣らず素晴らしい魅力がたくさん隠されています。

南はカラウンドラ(Caloundra)から、北はグレート・サンディ国立公園(Great Sandy National Park)、そして内陸部ヒンターランドの山あいまで広がるサンシャインコーストは、ローカルたちがのんびり暮らす地域。ちなみにサンシャインコーストの人口は約32~33万人で、ブリスベンの約15%ほど。メジャーな観光都市とは一味違った雰囲気の中で、ゆったりと過ごしながら癒しの旅をするも良し、アクティブに大自然を満喫するも良し!ビーチ、山、絶景、世界遺産、グルメ、アクティビティなど、読んだら絶対に行きたくなる、隠された魅力をご紹介していきます。

1. 気軽に行けるアクセスの良さ

Tranportation

Photo by @Pexels.com

車で

国際空港のあるブリスベンから車で行くと、カラウンドラまで約1時間20分、ヌーサ(Noosa)までは約2時間。ブリスベンから、日帰り又は週末のプチトリップで訪れる人も多くみられます。

飛行機で

サンシャインコースト空港(Sunshine Coast Airport)から中心地のマルチドールまでは、車でたったの10~15分と大変便利です。定期便は、シドニー、メルボルン及びアデレードの3都市から運航、国際線は、オークランド(Auckland)からニュージーランド航空が季節運航(7~10月)をしています。

ブリスベンから電車とバスで

見どころが広い範囲に点在するので、移動には車をおすすめしますが、ゆっくり車窓を楽しみながら、電車とバスで行くこともできます。

カランドラ方面へは、ランズボロー(Landsborough)駅で下車、中心地マルーチードール(Maroochydore)方面へは、ナンボ―(Nambour)駅で下車しバスに乗り換え。詳しい乗り換えルートは、Translink社のウェブサイトがナビゲートしてくれます。観光向けのトラベルカード「go explore」(大人$10、小人(5~14 歳)$5)を使えば、公共交通機関が1日乗り放題に!

2. 白い砂浜とクリスタルブルーの海を楽しめるビーチ

SUP on Cotton Tree | reasons-to-visit-sunshine-coast

SUPing on Cotton Tree | Photo by @Yumi

冬でも、平均最低気温は9~10度、最高気温は21~22度という温暖な気候に恵まれ、年間を通してビーチカルチャーを楽しむことができるサンシャインコースト。大人気のビーチは混み合うこともありますが、混雑とは無縁の美しいビーチもたくさん見つけることが出来るでしょう。

家族連れには、ピクニックやバーベキュー、シャワーの設備、キッズも楽しめるプレイグラウンドとやさしい波、そしてカフェやレストラン、この3拍子が揃う次の4つのビーチがおすすめです。

カラウンドラエリアでは、バルコックビーチ(Bulcock Beach)と、プールもあるキングスビーチ(Kings Beach)。美味しいシーフードのお店が集まるムルーラバエリアからは、ムルーラバ・ビーチ(Mooloolaba Beach)。そして、マル―チー川が海に出会う河口ポイントの水辺コットンツリー(Cotton Tree, Maroochydore)を、ぜひチェックしてみてくださいね。

3. 動物から工場見学、ターザン体験もできるアトラクションの数々

Koala Australia Zoo

ここサンシャインコーストでしか体験できない、人気のアトラクションスポットをお見逃しなく!出発前に要チェックです。

コアラ、カンガルーはもちろん、100種類以上の国内外から集まった動物たちが、自然に近い環境で暮らしている様子を見られる「オーストラリア動物園&野生動物病院」(Australia Zoo and Wildlife Hospital, Beerwah)。

全長80メートルの海のトンネルを歩きながら、海の中の世界をまるごと体感できる、「シーライフ水族館」(SEA LIFE Sunshine Coast, Mooloolaba)では、みんなが大好きな、ニモやドリーも見つけられるかも。

30以上の刺激いっぱいのアトラクションライドや、水遊びを楽しめる遊園地オージーワールド(Aussie World, Palmview)。ここでの一日の終わりには、ユニークで風変わりなオージーパブ「バナナ・ベンダー・パブ(Banana Bender Pub)」のビアガーデンで乾杯し、カンガルー&コアラとのサーフィンショットをパチリ。

ジンジャー・ファクトリー(Ginger Factory, Yandina)では、「ショウガ」の全てが見られる工場見学ツアー、ジンジャー・アイスクリーム、生姜を使ったバラエティ豊富な加工品の数々に驚かされます。家族で楽しめる、ボートライド“Overboard”や、110年以上経った今でも走り続ける電車、Moreton号に乗車できる“Ginger Train”は、いつでも大人気。

ゾクゾク、アドレナリン溢れる体験を探しているあなたには、ツリートップ・チャレンジ(Treetop Challenge, Big Pineapple in Woombye)がおすすめ。高さ25メートルに張り巡らされたロープを綱渡り、ジップスライドで森の中を一気に駆け抜ければ、気分はすっかりターザン。8歳以上(及び160㎝の高さのロープに手がとどく)から参加できるので、家族で挑戦してみて!

6月後半から10月は、世界最大の哺乳類であるクジラの回遊を見ることがでる、ホエールウォッチング(Whale Watching)のシーズン。ヌーサ又はムルーラバの港からのツアーに参加できます。また、運が良いと陸からも肉眼で見ることもできるので、沖合で上がる豪快なスプレーに注目です。

4. ヒンターランド山あいのレトロで美しい村を探訪する

Montville | https://www.queensland.com/destination-information/montville

Montville | Photo by @Queensland

ビーチだけではない!山側に隠れている魅力を知らずして、サンシャインコーストは語れません。内陸へ30~40分車を走らせて、広大なヒンターランド山脈が生みだすエネルギーと、開村当時の面影が残るレトロな村をじっくりお楽しみください。初めて訪れる方におすすめな場所は、マレーニー(Maleny)と、モントビル(Montville)です。

マレーニーと言えば、特大ワインバレルが目を引く、ザ・バレル(The Barrel)でワイン又はクラフトビールのテイスティングボード。最高品質の牛乳、ヨーグルト、チーズ、アイスクリームを堪能できる、マレーニー酪農(Maleny Dairies)。たくさんの人で賑わうメインのメープルストリート(Maple Street)は、個性的なお店やカフェなどがずらりと立ち並び、見て歩くだけでもワクワクする通りです。

欧風建築に囲まれた小さな町、モントビルにひとたび足を踏み入れれば、一瞬にして90年代初期にタイムスリップ。The Chapelの豪華な石造り建築も見事です。モントビル・コーヒー焙煎所(Montville Coffee)のフェアトレード・オーガニックコーヒーを味わえる、ハイクオリティなカフェ。フレイム・ヒル・ヴィンヤード(Flame Hill Vineyard)では、目の前に広がるブドウ畑の景色と共に、ワインと美味しい食事を頂くことができます。

山に囲まれて丸一日のんびりと、非日常な時を過ごしてみてはいかがでしょうか。ハイキングと森林浴で一日をスタートしたら、景色の良いローカルカフェでモーニングティー。ランチの後は、ショッピングや、ギャラリーやスタジオを巡ってローカルアーティストのアート鑑賞を。

5. 注目を集めるサンシャインコーストの美食

Food | reasons-to-visit-sunshine-coast

Photo by @Yumi

サンシャインコーストの急速に成長するフードシーンは、ミシュランスターレベルのシェフからストリートフードまで、グルメなあなたの胃袋を満足させてくれること間違いなし!地元で採れる、新鮮な農産物や海産物を提供する飲食店に、ローカル産のワインやクラフトビール。オーストラリアのカフェ文化に興味があるなら、まずはコーヒーロースタリーガイド(The Sunshine Coast Coffee Roasters Guild)で焙煎所やカフェ探しを。

フードツアーに参加して、贅沢な一日を過ごすのもワクワクするし、自分オリジナルのフードマップを作るのも楽しそう!今まさに注目のカフェ・レストランが見つかるサンシャインコースト・フードトレイル(Sunshine Coast Food Trail)をチェックしてみてください。日本食が恋しくなっても大丈夫。リアルで美味しい日本の味も味わうことができますよ。

6. ローカルの暮らしに溶け込むマーケット

Farmers market-sunshine coast | reasons-to-visit-sunshine-coast

Photo by @Yumi

農業に適した、ここサンシャインコーストの土地と気候に感謝せずにはいられないのが、週末を中心に各地で開かれるファーマーズマーケット。手ごろな価格で手に入る新鮮な野菜や果物、焼き立てのパン、瓶詰めされた手作りのジャム、ソース、ピクルス。愛情込めて作ってくれた生産者の顔が見えることが何より嬉しいですね。

オーストラリアの文化と言っても過言ではない、週末の朝のマーケット。買い物だけではなく、ピクニックも兼ねて足を運ぶ人も多く、キッズたちが笑顔で遊ぶ姿もたくさん。ローカルの暮らしを垣間見ることができる、ファーマーズマーケットへぜひ足を運んでみてください。

それから忘れてはならないのが、毎週水&土曜日に開かれるオーストラリア最大級のクラフトマーケット、ユーマンディ・マーケット(The Original Eumundi Markets)。地元のアーティストによる、ユニークな作品が一堂に会した会場には、500以上のテントがひしめき合い、美味しい香りが充満するバラエティ豊かな屋台エリアもあります。

金曜日の夕方は、多国籍フードトラックが集結する、ビーチの横で行われるマーク―ラ・マーケット(Marcoola Market, Marcoola)へ。ライブミュージック&グルメと共に、週末の幕開けを楽しむ人たちで盛り上がります。

7. 大自然と一体になって楽しむアドベンチャー

Noosa-Everglades-Kayak-Sunshine-Coast

海と山に囲まれたサンシャインコーストの自然を最大限に感じるベストな方法は、豊富なアクティビティに参加することです。

マリンスポーツならば、サーフィン、ボディーボード、カヤック、スタンドアップ・パドルボード、カイトサーフィンなどの体験レッスンを受けたり、スキューバダイビングのコースを受講することができます。山を体感したい人には、ロッククライミング、マウンテンバイキング、ホースライディングの体験レッスンがおすすめ。もう少し気軽に山を楽しみたい人は、国立公園でブッシュウォーキングを。

一生に一度の大冒険、スカイダイビング!空からしか見ることができない絶景を、ひとり占めするのも悪くないかも!?

8. 隠された絶景スポット

Lake McKenzie, Fraser Coast

Lake McKenzie

サンシャインコーストには、ガイドブックには載っていない、秘密の絶景が見られるポイントがたくさんあるのをご存じですか。野生動物との出会いや、野鳥の美しい大合唱、森林浴と息をのむ絶景に出会える、おすすめの国立公園はこちらからチェック「サンシャインコースト観光におすすめ!大自然の絶景が見られる国立公園

9. 各種フェスティバル・イベントに参加して盛り上がろう

音楽、フード&ドリンク、フルマラソン、トライアスロン、サイクリング、サーフィン大会など、年間を通して素晴らしいイベントが多数開催されています。サーフィンと言えば、ヌーサ・フェスティバル・オブ・サーフィン(Noosa Festival of Surfing)で行われる、みんなの笑顔が止まらない犬のサーフィン大会(Surfing Dog Championships)は必見!

年末年始をオーストラリアで過ごすなら、ウッドフォードフォークフェスティバル(Woodford Folk Festival)は、必ずチェックしておきたい年越しイベントです。サンシャインコースト以外のエリアで開催される「クイーンズランド州の観光でお薦めのフード&ワインイベント2020年・17選!」も、見どころがたくさん。

サンシャインコーストの魅力を感じていただけましたか。今度は実際に旅に出かけて、あなたの旅で感じたことをお聞かせください。

クイーンズランド州政府観光局公式ブログ(日本語)トップへ戻る