koala_wildlifewarriorsworldwide-Instagram-61-ig-17909959861375029

オーストラリア観光、休園中の動物達はどうしてる?可愛くて癒される動物達のお薦め動画6選!

オーストラリア観光、休園中の動物達はどうしてる?現在、世界中に広がる新型コロナウイルスの影響によってやむを得ず様々な観光施設がクローズになっています。残念ながらオーストラリア・クイーンズランド州内の観光施設や動物園も当面は営業休止せざるをえない状態。動物たちは大丈夫でしょうか?心配無用です!観光客がいない間、動物のお世話をする飼育員さんが幸いに働きながら動画を撮ってくれていますので、州内6か所の園内の様子を紹介しましょう。

レインフォレステーション(Rainforestation)

まずは、クイーンズランド州北部のケアンズにあるレインフォレステーション・ネイチャーパーク。この「自然のテーマパーク」はケアンズ市内からは車で30分の距離。数々の観光賞を受賞しているレインフォレステーションでは、普段は水陸両用車のアーミーダックに乗っての熱帯雨林探検、先住民族によるダンスショー、オーストラリアならではの動物達とのふれあいを同時に一か所で体験できるところですが、現在は当面営業休止。飼育員さんのシャニーとアマンダが録画してくれた動画を見ると、動物がみんな元気ハツラツだと分かります。ビデオの最初(1分50秒)に注目!ジャンピングコアラがわかるかな?

オーストラリアンバタフライサンクチュアリー(Australian Butterfly Sanctuary)

オーストラリアン・バタフライ・サンクチュアリーは同様にケアンズ近くのキュランダ村にあり、1987年にオープンした世界最大級の蝶園。園内を飛ぶ蝶たちは全てこの蝶園で生まれ育ったもので、何世代にもわたって卵から蝶を育てている蝶園は世界でもここだけ。普段はあまり気にせずにその優雅な姿やカラフルな色彩だけを眺めている蝶にも、隠れた才能がたくさんあります。また園内の蝶は卵の段階から人に育てられているため、人間を怖がりません。人間がいればの話ですが…

ケアンズ・バードウィング

園内は周囲の環境に合わせて熱帯雨林を模してあり、柱のない広々としたドーム内には常時1500~2000羽の蝶たちが飛び交っています。オーストラリア最大の蝶、ケアンズ・バードウイングは、赤、黄色、緑という毒々しい色が目印です。和名は「ミドリトリバネアゲハ」、アゲハチョウの一種です。幼虫は黒い体にオレンジ色の突起がある、特徴的な外見です。ウマノスズクサという毒のある葉を食べて育ちます。

シーワールド(Sea World)

ゴールドコーストにあるシーワールドは3大テーマパークの一つ。サーファーズパラダイスからバスで10分、または内海ブロードウォーターを巡るクルーズで15分。巨大な水族館とアミューズメントパークが合体した海洋テーマパークの広い敷地内では、見どころがあって、家族みんなが一日中楽しめると評判。通常、水上ショーやイルカの餌付け体験が目玉ですが、今、休園中の人気アトラクションはなんとアシカのビリーくん。ビリー君と一緒に休園中のテーマパーク内で仲間に会いに散歩しましょう!

カランビン・ワイルドライフ・サンチュアリー(Currumbin Wildlife Sanctuary)

ゴールドコースト南部のカランビンは1947年にもともと小さな野鳥園として開園され、今は27ヘクタールの敷地に広がり、100種類以上の動物が自然環境に近い状態で保護されています。普段、園内では有名なレインボーロリキート(ゴシキセイガイインコ)の餌付け、コアラ抱っこ、赤ちゃんワニ抱っこやカンガルーの餌付け、そしてフリーフライトバードショーなど各種ショーを毎日催行しており、幅広い年齢層にお楽しみいただける非営利団体の動物保護園。併設のカランビン・ワイルドライフ・ホスピタルでは、治療された野生動物たちを野生に返す数がオーストラリア国内でもトップクラスです。

ローンパインサンチュアリー(Lone Pine Sanctuary)

ブリスベンのローンパインサンチュアリーは、最初のコアラ園として1927年にたった2匹から始まり、現在は130匹以上を飼育する、世界最古且つ頭数の最も多いコアラ園に成長しました。コアラ以外は80種類以上もの固有動物たちや原産植物を育てており、通常、園内では一日を通してさまざまなショーが行われ、オーストラリアの動物たちを間近で観察できますが、今の来場者がいない環境では園内スタッフたちが、ポピーのようなフワフワの可愛いコアラの赤ちゃんたちに補足分のミルクを注射器であげています。まもなくMilk Coma(ミルク昏睡状態?)になるんだって!ビデオの最後までメロメロタイム!

リアルタイムでコアラの様子をここでご覧いただけます。癒されますよね….

オーストラリア・ズー(Australia Zoo)

ブリスベンから北へ80㌔、サンシャインコーストのオーストラリア・ズー(Australia Zoo)は1970年にアーウィン家がオープンした爬虫類のみを展示している施設から始まりました。その後、1980年代に入り、アニマルプラネットなどで大ブレイクした『クロコダイル・ハンター』スティーブ・アーウィンの人気に伴い、年間何十万人の来場者数を誇る大規模の動物園に成長してきました。オーストラリア動物以外のアフリカ・エリアやトラのコーナーも設置されており、来園するだけでまるで世界一周旅行をしている気分になります。

現在オーストラリアは、オーストラリア人とオーストラリアへの渡航者をコロナウイルスから守るための厳しい措置を講じていますが、完全復帰・渡航できるまでの間、クイーンズランド州の観光ビジネスは、縮小または一部休止しながら近々日本の皆様に安全にご旅行頂ける日が来るまで、準備を整えていきます。それまでは可愛い動物の動画で癒されましょう!

Koala

いかがでしたか?クイーンズランド州の旅でお薦めな動物触れ合いスポットの記事も合わせてぜひご参考下さい。

クイーンズランド州政府観光局公式ブログ(日本語)トップへ戻る