Swell Sculpture Festival_currumbin2

美しい海の近くで野外アートミュージアムがあるって本当!?アートと自然を楽しむ人気カランビンエリアに密着

Swell Sculpture Festival (スウェルスカルプチャフェスティバル)は最も開放的なアートミュージアムで世界中探してもきっと少ないはず!海と自然とアートが一体化され、55点の美術品が展示されている。オブジェが大きくても全然窮屈じゃない。これほどパーフェクトな野外アートミュージアムは他を探しても絶対見つからない。これって結構すごくない!?と私は大声で伝えたーい。

そのアートフェスティバルが開催される場所はカランビンビーチにあり、地元サーファーがとても愛するサーフィンスポットとしても有名。そして、Currumbin Surf Life Saving Club (カランビンサーフライフセービングクラブ)のレストランのすぐそばに高台がある。そこから見えるゴールドコーストサーファーズパラダイスの景色も最高だと言えちゃうぐらい自慢出来る場所だ。

スウェルスカルプチャフェスティバルは環境保護のメッセージも込められている作品も多数あり、地元ゴールドコーストでは市民全体が美しい海をいつまでも守っていきたいという願いを伝えていければ最高に嬉しい!今回は9月13日から22日の10日間のフェスティバルのレポートとそのエリアの人気スポットに密着したいと思います〜♪

Swell Sculpture Festival | スウェルスカルプチャフェスティバル

竹で出来た大きな魚が砂浜からジャンプして、また、海に戻るとイメージされている。もしかしたら、月明かりの夜の深い海から飛び跳ねるかもとアーティストがコメントしている。ゴールドコーストの青い海と空にとってもマッチしていて、私も想像してみたいこの魚が飛び跳ねるところを!アートの面白いところは想像力豊かになる事。考え方は人ぞれぞれ違うからね。魚の中はちょうど空洞になっているので中を潜り抜けてみようとチャレンジしてみる子供達も沢山。遊びがあるオブジェって本当に楽しいね。

風に揺れるレースカーテンのようなイメージをさせるオブジェ。小さい子供もならこのトンネルを走り抜けることが出来る大きさだ。私が数ある中からこのアートが1番のお気に入りになる。風が吹くとレースのような柔らかい動きをし青い空にこの白が映える。砂に映し出される影の丸い形がそれぞれ違うのも面白い。勿論何でできていてるのが気になるところ。牛乳のプラスチックボトルからできているから驚きである。このオブジェのタイトルは”Sea Spirit”(シースピリット)。牛乳のプラスチックボトルがサンゴ礁をイメージされている。オーストラリアの美しいサンゴ礁を守るために一人一人が出来ることを考えて欲しいというアーティストの願いが込められている。

昼間の太陽の光に当たるとキラキラ光る楕円形のオブジェ。細かい丸いものが規則正しく並んでいるのが特徴的だ。オーストラリア はコーヒー好きで知られているくらいコーヒー好きが多い国。家庭でも美味しくコーヒーが飲めるようにDrip Pod(ドリップポッド)というカプセルが手軽に美味しいコーヒーが飲めると人気である。そのカプセルを3,000個を集めたそう。アーティストの発想も凄いがよっぽどのコーヒー好きだとも伺える。今では誰でも手軽に美味しいコーヒーが家庭でも楽しめるようになり便利になった。このドリップポッドに使われている素材がアルミニウムで出来ているのだがその使い終わったポッドをリサイクルの方法がないというのが現状である。今後のリサイクルにいいアイデアがないか考えて欲しいとアーティストはメッセージを伝えようとしている。

芸術の世界は何を思い、何を表現するかはそれぞれ自由である。そこがまた芸術の面白いところで奥が深いとも私は思う。あるアーティストは色々なところに旅に出かけ、そして、出会ったご当地スプーン。タイヤはそのアーティストが冒険に向かう車に付いているものだから思い出にその両方を作品として作ったそう。

細かいところも鮮明に作られている石炭で出来たオブジェ。オーストラリアで石炭の天然資源が豊富である。その石炭を日常のエネルギーに必要として毎日使われている。石炭を使うエネルギーを供給する方法は環境破壊につながるとしてオーストラリアで深く議論しないといけないとされている。その環境問題にアーティストは触れている。アーティストのパワフルなメッセージは人の心を動かすこともある。

カランビンビーチという名前だが地元ではエレファントロックとも呼ばれている。それは象のように大きな岩という意味。普段ではこの岩に登ることもできるのでここの岩の上でサーフィンを見物したり、夕日が沈むのを眺めたりとそれぞれの楽しみ方が出来るスペースかな。毎年、このエレファントロックのスペースに大きなオブジェが出現するんだよ。

オーストラリア 先住民族のリーダー Luther Cora (ルーサーコラー)氏をニワトリ小屋に使われるワイヤーだけでちみつに作られている作品。Ivan Lovatt(アイバンロベッタ)はワイヤー芸術家として世界中に有名なアーティストである。そして、ご本人のLuther Cora (ルーサーコラー)氏にとてもそっくりな作品!きっと気が遠くなるような精密な作業だと思うが目のまわりや鼻の凹凸も素晴らしく良く出来ているのが分かる。

スウェルスカルプチャフェスティバルの醍醐味の一つにあげたいのはオープン時間関係なし!行きたい時間に期間中であればいつでも見れる。朝日の輝く空の背景にオブジェを見るのも良し、日中の青い空の下で見るのはコントラストが最高。夕暮れ時にたそがれて見るのも良し。窮屈な雰囲気の中でなく、開放感あるスペースで見るアートは珍しいと思うので絶対お薦めです〜♪

Currumbin Surf Life Saving Club | カランビンサーフライフセービングクラブ

カランビンと言えばきっとここのレストランを思い浮かべる人多いんじゃないかな!
オーシャンヴューのテーブルはいつも予約のサインがいっぱいの人気サーフクラブレストランである。ビール片手にシーフードを頰張る。そして、この景色〜♪ もう最高という言葉しか出でこないよー。シーフード以外にもスパイシーチキンバーガーが結構お薦めかな。私は女子だけどもう豪快に食べちゃいます。

日本からクーランガタ空港に到着するのは朝だから友人を空港に迎えに行ってここで朝食を食べることも多いよ。だってこの青い海を見せたいからね。オーストラリアでは12月25日のクリスマスデーは国民の休日でお店がお休みなることが普通だけどカランビンライフセービングクラブでは朝食、シーフードバイキングランチの予約を受け付けてますよ!きっと凄いクリスマスパーティーになること間違えなし!

Breakfast 7:o0am- 10:30am ( Mon-Fri ), 7:00am- 11:00am ( Sat-Sun )
Lunch 11:30am- 14:30pm ( Mon-Fri ), 12:00pm- 15:00pm
Dinner 17:00pm – 20:00pm ( Sun- Thu ), 17:30pm- 20:30pm ( Fri- Sat )

The Salt Mill | ザソルトミル

結構色々なカフェでアサイーボウル試したけどまたこのお店に戻って来ちゃうというほど。朝早くから行列ができコーヒーとアサイーボウルに定評のある人気カフェだよ。見た目の可愛いさもそうだけどヘルシーなのも嬉しいよね。そして、美しいカランビンビーチがカフェの目の前だからテイクアウトしてビーチで食べる朝ごはんも最高だね。ゴールドコーストの春はぽかぽかした暖かい陽気だから気分転換にビーチウォークやサーフィンを楽しんだ後、ザソルトミルでサクッとランチのプランも良さそう〜♪

Mon-Fri 5:30am- 15:00, Sat-Sun 6:00am-16:00
アサイーボウルオーダー Mon-Fri 6:30am-14:30pm, Sat-Sun 6:30am- 15:30pm

Currumbin Wildlife Sanctuary | カランビンワイルドライフサンククチュアリー

オーストラリアと言えば必ずコアラを見たいって答えが返ってくるかな〜♪可愛いコアラちゃんと一緒に写真はゴールドコーストに来たら絶対やってみたい。見ているだけでこんなに癒されて、のんびりした気分になぜだろうか。20時間以上の睡眠が必要なコアラだけど活動的に動くコアラちゃんを見れたらとってもラッキー。カランビンワイルドサンクチュアリーではカンガルー、ウォンバットなど沢山の動物たちがあなたを迎えてくれるはず。