cardamom_pod 2

クリーンな自分よ、こんにちは!体が喜ぶゴールドコーストのオーガニックグルメスポット10選

ゴールドコーストの名物グルメ!それは「お世辞抜きに美味しい健康食」!と言っても過言ではないほど、近年ローカルの農家や食産業者をパートナーにして、新鮮で体に良いものを取り入れたハイクォリティなメニューを提供するカフェやレストランが続出中。健康食=味気が無く、我慢して野菜中心の料理を食べるというイメージはもはや払拭。ローフード、ヴィーガン、オーガニック、ロカボ、世界の食傾向は完全に健康志向にシフトしてきているのはもう隠しようのない事実。今後クリーンイーティングのトレンドに乗り遅れていると次の意識高い系女子会ランチに誘ってもらえないなんて悲劇もそう遠くない未来にあるかもしれませんよ!そこで今ゴールドコーストでローカルに大人気のオーガニックダイニングやショップなどヘルシーイーティングスポット10選を新旧含めて一気におさらいしちゃいましょう!

The Cardamom Pod|カルダモム・ポッド

美味しさに妥協なし!ベジタリアンじゃない人が食べても美味しいと認めるベジタリアンメニュー作りが最重要事項とするのが近年のゴールドコーストのお洒落な健康食の先駆けとなったカフェ「カルダモム・ポッド」。バイロン・ベイの名物で世界中で空前の人気を博しているヘルシースイーツ「ブリス・ボール」の仕掛け人でもあるオーナー姉妹はインド系オージー。カラフルなエディブルフラワーやインドスパイスを駆使したサラダやデザートはまさにインドのお祭りのように華やかで活気に満ちている。店舗はブロードビーチの中心部に1店、そしてゴールドコーストの人々のパントリー、サウスポートにあるフェリーロードマーケット内にもう1店ある。数あるお薦めの中、あえて一押しを選ぶならココナッツと人参とキヌアのピラフや豆腐のフライをトルコ風ブレッドの上に載せてピリ辛のサテーソースで仕上げたプレート、これは文字通りナチュラルハイ間違いなし!

Greenhouse Canteen and Bar|グリーンハウス・キャンティーン&バー

マイアミとクーランガッタに店を構えるグリーンハウス・キャンティーン&バーはベジタリアンやヴィーガン料理の世界に革命をもたらしたと言っても過言ではない。彼らの提供する燻製のジャックフルーツを使ったエンチラーダやカリフラワーにオリジナルのBBQ風のスモーキーさを焚きつけてチキンウィング風に仕上げたものをひよこ豆のクレープで巻いたものは、自身を肉食を豪語するグルメエディターも次々とノックダウンさせた逸品。健康志向にお酒は合わないというタブーも覆し、自家製燻製調味にぴったりのクラフトビールやカクテルも種類豊富に揃えている。

BSKT Café|ビスケット・カフェ

BSKT I Clean eating Gold Coast

Photo by @BSKTcafe

ノビービーチ界隈でお洒落なヒップスターが集うヘルスフードスポットと言えばBSKT(ビスケット)。有機栽培のコーヒーにいまやお洒落ダイエットの代名詞「パレオ・グラノーラ」、そしてヨガレッスンがひとつの場所で享受できちゃうとしたら?ヘルスコンシャスなお洒落女子(or 男子も?)行かない選択肢はないはず。コンブチャーに付け込んだエビのタコスやヘンプシードの揚げ衣が香ばしいキハダマグロのフライなどスーパーフード満載の朝食やしっかりミールメニューに、豊富なラインアップのコンブチャ―ドリンクのどれかを合わせて、最後にジューシーなベリーたっぷりスフレをオーダーすれば、身も心もゴールドコーストローカル、いやノビービーチの住民気分に浸れるはず!(そうそう、BSKT発祥のヴィーガンソフトクリーム、CoCoウィップを買うのを忘れないで!)

Blendlove|ブレンドラブ

Blendlove I Clean eating Gold Coast

Photo by @blendlove

「全てを簡潔に!」と唱えられたマントラの通り、動物由来の食物を排除したプラントベースのメニューを提供するサウスポートのカフェ「ブレンドラブ」は、合成着色料0、添加物0、グルテン0、乳製品0と徹底したヴィーガンを貫く。にもかかわらずであるここで作られるヴィーガンチーズケーキはカラフルだし、チーズは入っていないのにチーズケーキの美味しさそのままの味わいと宝石のような出来栄え。これを求めてサウスポートに通い始める人が続出なのも頷ける。どこからどうみても正真正銘正攻法で作ったレアチーズケーキなのに、アレルギーの心配もダイエットの心配もいらないなんてこんなに素敵なチャンスを逃すスイーツ女子はいない。ケーキだけではちょっと、と言う人には午前11時前までに行けば美味しい朝食メニューも待っている、特にトリュフが香るカリカリハッシュドポテトとココナッツのベーコン、ケールクリーミーなドレッシングと頂く滋味深いガーデングリーンサラダは最高。ローカルに人気のアーモンドバターとココナッツのナッティなスムージーは日本ではなかなか出会えない美味しさ、見つけたらレッツチャレンジ!

Nude Sisters Whole Food Kitchen|ヌード・シスターズ・ホールフード・キッチン

朝食からランチ&ディナーのハンバーガー、ローデザートまでマーメイド・ウォーターズにあるヌードシスターズのキッチンでは常に体に優しい美味しいベジタリアン料理が創り出されている。一流の味を生み出すだけでなく、そのアーティスティックなプレゼンテーションが素晴らしい。例えばカシュナッツで作られたパルメザンチーズをまぶしたピリ辛フェタチーズ卵とチーズがけフライドポテトにイチジクの葉をあしらった一皿なんてまるでゴールドコーストのビーチとヴァイブをワンプレートに閉じ込めたみたいに、完璧な仕上がり。百聞は一見に如かずのこの感動、ぜひお店で体感してみて!

Marie Anita’s|マリー・アニータズ

マーメイド・ビーチにあるマリー・アニータズは「地域に必要なもの」を探求した結果、地域の健康促進コミュニティによって立ち上げられたカフェ&ベーカリー。アレルギーを持つ持たないかかわらず、皆で食卓を囲める喜びを分かち合える場所作り、持続可能な調理法やビジネスの探求、サステナブルなライフスタイルの情報発信を行っている。ここなら小麦アレルギーの子もニコニコしながらエッグ・オン・トーストを頬張る。ここのパンはグルテンフリーと知らなければ、ヨーロッパの街角で何気なく買った田舎パンと間違えてしまうだろう。そのカンパーニュローフにチアシード入りのブルーベリー・ロー・ジャムを塗って食べれば、ほっぺが落ちてしまう人続出。まさにウェルカム・トゥ・ローサム・ワールドなり!

The Organic Gold Coast Farmers Market
オーガニック・ゴールドコースト・ファーマーズ・マーケット

「日曜日の朝マイアミで」と言われれば、それはOGFM(オーガニック・ゴールドコースト・ファーマーズ・マーケット)に行こうと言う約束!お店じゃないけれど、ヘルシーイートラバーには是非寄って頂きたいオーガニックフードの天下一武道会のような場所だ。オーストラリア国家認定の有機野菜農家や食品メーカーの軒が品揃え豊富にずらりとひしめき合う。摘みたて新鮮なフルーツや野菜やハーブ、焼きたての香ばしさがたまらないサワードーパン、安心して口に運べて尚且つ美味しいものがこんなに沢山あるなんて!と感動してしまいそう。週1リセットと題して、日曜日にここにきてグリーンスムージー片手に朝活するのをお気に入りの習慣にしているローカルも多いとか!あなたも今どきゴールドコーストっ子になりきってサンデーマーケットOGFMへ!

Wray Organic Market and Café|レイ・オーガニック・マーケット&カフェ

Wray market I Clean eating Gold Coast

Photo by @wrayorganic

パームビーチのご近所さんが胸を張ってお薦めするオーガニックホットスポットがBSKT以外にあるとするなら、それはもう「レイ・オーガニック・マーケット&カフェ」のフラッグシップストアで間違いないだろう。いつでも自宅のオーガニックフードパントリーに足りないものを用意してくれる頼もしい有機食品スーパーマーケット。息子の闘病をきっかけに有機食や健康食に開眼した創業者のデボラさんはオーガニック食品を求めてあちこちの小売店を日々渡り歩いた経験をもとに、なんとかワンストップですべてのカテゴリーのオーガニック野菜や食品をまとめて置くことは出来ないかと考え、パートナーのゲーリーさんと伴に「レイ・オーガニック・マーケット」を設立。今ではゴールドコースト、ブリスベン近郊に10店舗、サザンクイーンズランドエリアのオーガニックライフを支えている。母の愛は強し!

Niche & co.|ニッチ&コー

Niche I Clean eating Gold Coast

Photo by @nicheandco via FB

どんな場所にもカテゴリーで分けてトップに躍り出る店がある。サーファーズパラダイスからゴールドコースト空港へ向かう途中にあるトューガン地区にあるニッチ&コーは、ゴールドコースト界隈のアサイーボウルのナンバーワン店。何しろアサイーボウルの固定観念を完全に払拭されてしまいそうなメニューのラインナップに驚く。甘党の人はスニッカーズと塩キャラメルのアサイーボウルをチョイスすべき、インスタ映え良し、体に良し、アクセス良し(ゴールドコーストハイウェイをひたすら真っ直ぐ!)、話題性良しの何拍子も揃ったヘルシースイーツ体験ができるはず。(可愛いロゴの店内や外壁もドゥ―ドルテイストのアートが満載、安定の”映え”が約束されます!)

Pier B Brunch Cafe|ピアB・ブランチ・カフェ

中心部から少し北へ、閑静なサンクチュアリーコーブにもゴールドコーストらしい究極のヘルシーブランチメニューがあなたを待っている。Bohoスタイルの可愛らしい内装と家具が女子心をくすぐる店内で一日中朝食メニューを提供する「ピア・B・ブランチ・カフェ」だ。甘い系の朝食メニューとセイボリー系(旨味ミール)の朝食メニューの間で悩むところではあるが、お腹ペコペコの人はサクサクのヴィーガン・コーン・フリッターやプラント・ベースのハンバーガー各種をオーダー、そしてデザートとして、フルーツたっぷりのグラノーラやスピルリナのブルースムージーやアサイーのボウルをお友達とシェアしちゃったりしたら、最高の休日に!

お気に入りのゴールドコーストのヘルシーイーティングスポットは見つかりましたか?まだまだあるよ、ゴールドコーストのカフェ朝食スポット地ビール巡りも今すぐチェック!

注)こちらは、MADDISON TANNER のオリジナル記事「A clean eating guide to the Gold Coast」を日本語に翻訳・編集したものです。