lauren-bath_caaf_june-2014_piersunrisehr

初めてのケアンズですること~おすすめ9選

出身や年齢、どれだけ楽しみにしてたかは関係なしに、初めてケアンズを訪れることはビッグイベントですよね。何といってもケアンズは、歴代の米国大統領や超大物大スターも訪れたことのある街ですから、ぜひ一度は訪れたいですよね。

睡眠不足気味の中、たまにエネルギッシュ、いつもは自然あふれながらリラックスしているこのケアンズでの第1日目は何をしたらよいのか。地元の人に徹底インタビューしてわかったケアンズ初体験の人がしなくちゃいけないこと9選をご紹介します。

1. ヘリコプターに乗って、どこに行こうか作戦を練る

Heli flight over Great Barrier Reef | 11 things to do in Cairns

Photo by @jarradseng

何百ものツアーや観光スポットの中から、どうやって絞り込めば良いかわからない?それなら、全体を見渡してみてからということで、まずは45分間の壮大なヘリコプター遊覧飛行で、グレートバリアリーフ、ノーザンビーチ、バロン滝、そして最大の見どころ世界遺産の熱帯雨林の上空を飛んでみましょう。

ケアンズのレンタカー会社のJUCY Rentalsに勤めるStephan Eustaceさんは、「勢いよく飛び立って、それらを間近で見たら、とーってもワクワクしますよ。」と言います。

2. グレートバリアリーフでシュノーケリング

Hasting Reef courtesy of Scott Sinton

Hasting Reef courtesy of @scottysinton

バラク・オバマ氏はG20で世界中のすべての人々に、こう話しました。自分の子供、そのさらに子供の代に渡って、“グレートバリアリーフ?の偉大な輝きを見てほしい”と。アメリカ大統領がそれほど絶賛するのであれば、オーストラリアが世界へ誇る偉大な自然の恵みグレートバリアリーフは、ケアンズ初体験の人がまず挑戦すべきアクティビティですね。

そうなるとちょっと問題が。広大なグレートバリアリーフで多様な選択肢の中から1つだけ(1エリア×1日×1体験)を選ぶのはとっても大変。でも大丈夫、便利なお役立ちガイドはこちらから

ケアンズ観光局に勤めるSiobhan Mulcahyさんは、Down Under Cruise and Dive(ダウン アンダー クルーズ&ダイブ)がお気に入り。その新しい船エボリューション号では、トップデッキにあるシアターに置かれた柔らかいソファ(ビーンバッグ)でくつろいだり、エルヴィス・プレスリーの物まねをするクルー、そして一番の見どころのサンゴ礁の海を楽しめます。「シュノーケリングは最高で、特に2度目の停泊地Hastings Reef(ヘイスティング・リーフ)は、水がとても浅くて深く潜らなくても大丈夫なのよ。」とSiobhanさん。

リーフでの体験をより充実させたいなら、Natalie Phillipsさんと海洋生物の専門スタッフと一緒にReef Teach (リーフ・ティーチ)で2時間楽しく過ごしましょう。“ここだけの格安価格の$23”。これからリーフで出会うクールな生き物たちについて学びましょう。リーフに潜る前にいかがですか?

3. キュランダ熱帯雨林1日ツアーに参加する

The road to Kuranda courtesy of Andrew Watson

The road to Kuranda courtesy of Andrew Watson

T.S. Eliotさんは、こう書いています。“The journey, Not the destination matters…” 「旅とはどこかに辿り着くことが重要なのではない」と。同じようなことがキュランダ熱帯雨林にも言えます。熱帯雨林のキュランダ村は絶対に行きたい場所。だけど、驚くほど素晴らしいのは、村にたどり着くまでの道のりです。私は何度か行ったことがあるから分かるんです。

ケアンズの北西25キロ(世界遺産の熱帯雨林が繁茂する標高300メートルの村)のキュランダまでの道のりは、絵本よりも可愛い蒸気機関車で尾根まで登り、静かなゴンドラで下まで降りてくる、またはその逆のセットの体験が楽しめます。

これらは100年以上の隔たりで造られた土木技術の結晶。Kuranda Scenic Railway(キュランダ観光鉄道)は、15本のトンネル、93箇所のカーブ、そして数十もの複雑な橋があり、これらは手工具、ダイナマイトを使い、そして開拓者精神(それから誘惑の日給90セント)によって建設され、1891年に開通しました。

今日、その壮観な115分間の道中では、生い茂る熱帯雨林、滝、そして320mの険しい渓谷を駆け巡り、様々な景観を楽しむことが出来ます。

一方、Skyrail Rainforest Cableway(スカイレール・レインフォレスト・ケーブルウェイ)は、環境を重視したエコ設計に基づき建設され、1995年に開通しました。重量物運搬用のロシアのカモフ(航空機メーカー)製のヘリコプターによって資材が運び込まれましたが、世界遺産登録の熱帯雨林への負担を最小限にするために、建設作業員は現場まで歩いていかなければならず、時には片道1時間もかかりました。

訪れるたびにこの環境への配慮が感じられるはずです。ぜひ訪れた際には、2つの駅に立ち寄って、青々とした熱帯雨林の自然を満喫していただきたいです。

キュランダ村で下車したら、何が楽しめるのでしょうか?キュランダ村はキュランダマーケット(カンガルーの孫の手といった地元ならではの風変わりなお土産も入手できます)と、先住民族の踊りに参加したり、「ドリームタイム」ウォークができるRainforestation Nature Park(レインフォレステーション・ネイチャーパーク)が有名です。

4. 新鮮な魚貝類を食べる

Seafood at Perrottas by Andrew Watson

Seafood at Perrotta’s by Andrew Watson

JUCYのStephanさんは、「鮮魚店で売られているバスケットに盛られた地元のエビは最高。ケアンズ海岸沿いにたくさんあるピクニック場でも大人気な地元のエビをぜひ!」と言います。

あと、Stephanさんのお気に入りの、海が目の前の絶景レストランThe Raw Prawn(ザ・ロー・プローン)、もしくは私の一押しチョイス、素敵なCairns Regional Gallery(ケアンズ・リージョナル・ギャラリー)に隣接するカフェPerrotta’s(ペロッタズ)と、海が見えるクラシックな雰囲気のOchre Restaurant(オカ―・レストラン)もおすすめ。オーナーのCraig Squiresさんは、港にグレートバリアリーフのツアーの船が往来する景色を眺めながら常連客がくつろげる、遠くの緑の山々に囲まれたこの空間が好きだと言います。

ケアンズ観光局のAmy Mailさんがおすすめするのは、ケアンズから北へ約25分のイカの塩コショウ炒めが最高においしくて、景色もとてもきれいなEllis Beach Bar & Grill(エリス・ビーチバー&グリル)。もし日曜日だったら、12時45分以降に席をとって、$1で食べられるオイスターのサービスとライブミュージックの演奏が始まるのを待ってみましょう。

5. HIGHな朝を過ごす

Hot Air, Cairns

Mr. ダーシー? それともトム・クルーズ?クイーンランド州の熱帯地方で朝を迎える2つの方法があります。アサ―トン高原上空での熱気球飛行では、Mr. ダーシーが登場する映画『高慢と偏見』のエンディングよりもきれいでマジカルな景色が一望できます。あるいはトム・クルーズ扮するイーサン・ハントみたいにスカイダイビング。グレートバリアリーフ上空14,000フィートからダイブして、ピッタリな名前のMission Beach(ミッションビーチ)にランディング(映画『ミッションイン:ポッシブル』なだけに)。どちらがいいですか?

ここケアンズ地域(トロピカル・ノース・クイーンズランド)の絶景は言うまでもありませんが、初めてのケアンズの日程には収まりきらないほどアクティビティ満載です。

6. ちょっとリラックス

Andrew Watson Photography_The Esplanade_Cairns_TNQ_May2015

ツアーの合間にお金をあまりかけないでリラックスできる過ごし方、探してます?そんなの簡単。ケアンズが初めての人は、Cairns Lagoon(ケアンズ ラグーン)をただぶらぶらして、コーヒーを飲んだり、アイスクリームを食べたりして(EsplanadeのGelocchioのスティックジェラートを食べてみて)、のんびりと通りの生演奏に耳を傾けるのがおすすめかな、とリーフ・ティーチのディレクターNatalie Phillipsさん。

あと、ちょうど時間が合えば、ヨガやウォーターエアロビクス、サンセットスンバなどたくさんある自治体運営のクラスに無料で参加することも出来ますよ、とNatalieさん。

少し北の方にもバス、車、自転車などで足を延ばしてみませんか。ケアンズから車で20分ほどにあるとっても可愛い海沿いの街Palm Cove(パームコーブ)へ。遊歩道Williams Esplanade終点の桟橋のそばに駐車して、ヤシの木に吊るしたハンモックでゆらゆら。その後、ビーチ沿いをふらっと散歩して、Alamanda Palm Cove Resort(アラマンダ・パームコーブ・リゾート)の素敵なルーフトップ・ヴィラでマッサージ。南国のサンセットを眺めながらくつろぐことができるカフェもたくさんあります。

7. 地元の人と交流する

Blackbird Espresso by Andrew Watson

Blackbird Espresso by Andrew Watson

地元の人たちによーく聞いて回ると、地元の雰囲気を肌で感じる一番の場所としてRusty’s Markets(ラスティーズ マーケット)が挙がります。 「屋台の人はふらっと訪れる客とのおしゃべりが大好き」と地元の観光局のスタッフは言います。

たくさんおしゃべりした後は、Grafton Street(グラフトン・ストリート)を横切って、海沿いを歩いたところにあるBlackbird Espresso(ブラックバード・エスプレッソ)でホッとひと休みして、Troyさんか、コーヒーの淹れ方なら本当に何でも知ってる物知りのJasperさんとおしゃべりしては?とケアンズ観光局のAmy Mailさん。(Jasperさん、実はオーストラリアのフリスビー・スローイング・チャンピョンでもあるんです。)

8. 秘密のスイミングスポットに行く

Crystal Cascades courtesy of Andrew Watson

Crystal Cascades courtesy of Andrew Watson

小説「ファイトクラブ」にもあるように、地元の秘密を守る第一の鉄則はその秘密を話さないこと、ですがCrystal Cascades(クリスタル・カスケード)とJosephine Falls(ジョセフィンフォールズ)は、この鉄則の例外としてケアンズが初めての人にも教えても良い場所だと思います。

ケアンズ観光局のSiobhanさんによれば、Josephine Falls(ジョセフィンフォールズ)の天然ウォータースライダーは、– “Joso” 地元民にとって –とっておきの場所とのこと。「簡単に歩いて行けて、景色は最高。」「帰り道にBabinda Bakery(バビンダ・ベーカリー)に寄ってみて!たまらなくおいしいパイとクリームパンが食べられるから。」とSiobhanさん。

9. 夜のお出かけをしてみる

Cairns Indigenous Art Fair

グローバル・ビレッジ、ケアンズでは、いつもどこかしらでハッピーアワーをしています。

まずは、“The Pier Bar” でライブミュージックを聞きながらお得なドリンクセットを(月曜はタパスとサングリア、火曜はタコス….)、またはTHE ESPLANADE(ケアンズの海岸通り)にあるRattle and Rumまでぶらっと行って見てはどうでしょうか?

あるいは、Gilligan’s(ギリガンズ/最終地みんなが集まるところ)に向かう途中に、ホテルPullman Cairns International(プルマン・ケアンズ・インターナショナル)の隣にある小さくて素敵なワインバーThe Conservatory(ザ・コンサバトリー)に少し立ち寄ってみるのも良いかもしれません。あと、Lilo Barも日曜の飲み会に大人気の場所で、地元のDJが流すチルドハウス系の音楽を聴きながら$10のカクテルをプールサイドで飲んでくつろげる空間です。

まだ決められないですか?partyincairns.comにはあらゆる情報が満載。たくさんのクラブに行ったり、お得な入場料を見つけたり、ゲームしたり、好みが合う仲間とたくさん出会ったり。

バーにはもう行かれませんか?Debbie Walters さんは、Tjapukai(ジャプカイ)のナイトファイアーは素通りできないと言います。40,000年のアボリジニ文化と物語を聞いて楽しむことが出来るアトラクションです。

Tip: 木曜日の地元の新聞をチェックして、超最新のライブやイベント情報をゲット。

何か見落としてないかしら?地元の皆さん、ケアンズ初心者の方に何をおすすめしますか?

注)こちらは、SHELLEY WINKELのオリジナル記事「9 things to do in Cairns for first-timers」を日本語に訳したものです。