ゴールドコーストのレストラン5選

ゴールドコーストのレストラン5選

Print Friendly, PDF & Email

ゴールドコーストもようやく、クイーンズランド州でも指折りの食、ワインが楽しめるようになりました。今では美味なギリシャ料理からクールなカフェまでお勧めのお店がさまざま。その中から、私たちいちばんのお勧め5軒をご紹介します。
その他、おすすめの ゴールドコーストで外せないレストラン5選 +さらに5軒はこちらから

 

リック・ショアーズ(RICK SHOREs)

写真:リック・ショアーズ フェイスブックより

受賞歴のあるレストラン?チェック。ビーチが見える?チェック。肝心の味わいは?オーストラリア国内でもトップクラスのアジアンレストラン出身のシェフたちが作り出す料理なら、間違いなし。

リック・ショアーズ(Rick Shores)ってどう?」と地元の人に尋ねれば、きっと口々に絶賛の声でしょう。

お料理をいただく毎に波の音が聞こえるほどビーチに近いこのレストラン。でも、一口サイズの四川風ナスソース掛け絹豆腐のレタス包みから、リンゴの照り焼きと赤味噌添えの豚の肩ロース焼きのメインといった刺激的なメニューを前に、感動しているのがロケーションなのかお料理なのか分からなくなるほどです。

ヘレニカ(HELLENIKA)

ヘレニカ

写真:ヘレニカフェイスブックより

ラムの肩ロース。「ヘレニカ(Hellenika) 」をマストリストに加える時に覚えておくべき名物料理です。ノビー・ビーチ(Nobby Beach)にあるこのギリシャ料理レストランは、ゴールドコーストの中でも最高の雰囲気と店内装飾だけでなく、この上なくジューシーで、口の中でとろけるような柔らかいラムの肩ロースが自慢です。本当に!

オーストラリアでも特に交通量の多いハイウェイ沿いにあるヘレニカですが、その立地に反し、店内は驚くほど、アットホームで居心地の良い雰囲気。ギリシャ出身のオーナーに、アイルランド人のヘッドシェフ。お料理は伝統的ながら、モダンなテイストも。ゆったりとしたサンデー・ランチには特におすすめです。お腹一杯食べられるように準備万端で!

バザール(BAZAAR)

QT ゴールドコースト バザール

写真:QT ゴールドコーストフェイスブックより

クルーズ以外のブッフェはダメ、というあなた。QTゴールドコースト2010年にオープンした「バザール(Bazaar) 」は、ビュッフェスタイルのレストランの常識を一変。誰でも、お好きなだけどうぞ、という感じで、コンセプトがとてもいいんです。

とてもお洒落なここのブッフェには、人気のどのフィッシュ&チップス専門店にも負けないシーフードコーナーがあるほか、注文するとアジア人シェフが餃子を蒸してくれたり、別の店員さんは豚の丸焼きをスライスしてくれたり、BBQ担当の店員さんはステーキを焼いてくれます。ほかにも、パスタコーナーにピザ、ハム、ソーセージなどのシャルキュトリにサラダなど、数え切れないほど盛沢山!

ブッフェで一番有りがちなのは、どうしても取りすぎてしまうということ。でもデザートのためのスペースは開けておきましょうね。ラムネ菓子が好き過ぎるデザートシェフは、まるで「チャーリーとチョコレート工場」のウィリー・ウォンカのようです。

ジャスティン レーン(JUSTIN LANE)

ジャスティン レーン

写真:ジャスティン レーンフェイスブックより

サーフィンのメッカ、バーレイヘッズの小さな路地に建つ「ジャスティンレーンJustin Lane)」は、おしゃれな土地柄の雰囲気にぴったり。ゴールドコーストでも最高のビザを求めて、毎週金曜、土曜の夜には地元のボヘミアンたちが集います。(並ぶこと必至!)

テーブルを待つ間は、どれにしようか迷うほどのカクテルメニューのあるルーフトップバーへ。地元でもかなり人気のお店、長居は禁物。最後のピザを食べ終わる前にお会計がテーブルに置かれるかも。お店の魅力、ほかにもっと無いの?という方。ここの店員さん、可笑しいくらいにみんなイケメン揃い。

シチェッティ(CICCHETTI)

シチェッティ

写真:シチェッティフェイスブックより

Capri on Via Romaというショッピングセンターにある、可愛らしい「シチェッティ(Cicchetti) 」は、お腹を満たすだけでなく、目の保養にもなるお店。床から天井までの高さの窓に、目が眩むほどのシャンデリアで巧みにデザインされたこのピザ&パスタ・バーは、高額な値札の無い、お手頃に高級感のある食事が楽しめるお店です。

もともとバイロンベイでレストランを成功させたオーナーが、今度はゴールドコーストに、同じカジュアルさを残しつつシックな雰囲気のレストランを、ということでオープンしたお店。ゴールドコーストに来てくれて、本当にありがとう!

お店自慢のイタリア料理をマンジャ マンジャ(イタリア語で『食べて!食べて!』)。(ちなみにパスタは全て自家製。)カクテルか、豊富なワインリストから選んだグラスの赤ワインと一緒にどうぞ。

もっと知りたいですか?

ゴールドコーストでここだけは外せないレストランーさらに5』と『その他5選』をぜひチェックして下さい。

 

 

注)こちらは、KIM NOBLEのオリジナル記事「5 Gold Coast restaurants you can’t miss」を日本語に訳したものです。